2008年03月19日

シタデルカラー

新しくカテゴリを作ってみました。
「ツール&マテリアル」ってことで、工具や材料の話はここでまとめようと思います。

さてその記念すべき第1発目は、とまそんさんからいただいた「シタデルカラー」
を紹介いたします。
エゲレス製らしいざんすよ。舶来ざんすよ。

↓ ここで買えるようです ↓
http://jp.games-workshop.com/StoreInfo/default.htm
九州は1箇所か・・・

ci01.jpg

箱の大きさはこんなカンジ。

ci02.jpg

ビンはプラ製でMr.カラーに近いサイズ。

ci03.jpg

上ブタ内側にベロ状のものがあります。
ここに塗料を溜めれば塗料皿いらず・・・という意味なのかも。

ci04.jpg

ci05.jpg

入ってるものは塗料が9個と筆が1本、解説というかチラシが1枚。
中箱はパレットになります。

ci011.jpg

ci06.jpg

ci07.jpg

ci08.jpg

説明はこれだけw
必要なものって写真だけ見せられても、この液体が水なのかシンナーなのか どこにも書いてない(笑)
アチコチ検索して、水性塗料ということが分かりましたが
水で溶いてる割にはエラい乾燥が速いです。
アクリル絵の具を溶くペンチングソルベントなんかで溶いたらまだ早いかも。


ci09.jpg


ci099.jpg

水性といえども、ガッシュやアクリラなどと同様、
服とかについたまま乾燥してしまうと落ちないので注意。


 ところで先日のミクロココナなんですが、実は初めてこのシタデルカラーで塗ってみたものです。

たしかにスゴいですよコレ。

水で溶いてるのにも関わらずノビがあって、下地が何色でもお構いナシな感じで隠蔽力もかなりのものです。

うまく言えませんが、
「狙った太さの線」が「狙った濃さ」で引けるってカンジですかね?
ミクロも含め、フィギュアの顔でアイラインなど細い線を引く必要があるとき、
塗料のノビ(塗りやすさ)と色の濃さ(発色)との両方を満足させる濃度ってのは作るの難しいですよねぇ。
上まぶたがムチャクチャきれいに描けた!
描けたのになんか薄いぞ!?仕方ねぇ重ね塗りするしか!
ぎゃぽー!失敗シタ―――ッ!なんてことはもーショッチュウですワタシw。
それがココナを塗ったとき、
あれ?もうこれでいいんじゃね?
と1回塗った時に思ったんですよ。

ci088.jpg

タマタマこのときウマいこといっただけかとも思いますが、
今日手元にあったシオンを試しに塗ってみても
やっぱ塗りやすいんですわ。

塗りやすい濃度まで薄めても濃い線が引けるというのはスゴいことだと思いますよ。



あと個人的なポイントですが、
ブラッドレッドとかカオスブラックとかミスリルシルバーとか色の名前が
いちいちカッチョよすぎてイカす(笑)




posted by フガe at 06:51| Comment(4) | TrackBack(1) | ツール&マテリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シタデルと聞くとまずメタルフィギュアが浮かんでしまうのですが、パッケージの写真を見るとそのシタデルですよね? 懐かしいなぁ。ビンテージは今までフィギュアとか買ったり彩色したりが無かっただけに、昔はシタデルカラーも興味無かったんですよね; うむむ、もっと以前からそういうのに興味持っておけば良かった…。
Posted by ビンテージ at 2008年03月20日 00:31
僕もCitadelとpoly-sとかを写真のミニアチュアを塗装する時によく使ってましたね。確かに隠ぺい力は抜群です!
 ただツルツルのプラスチックへの乗りは最悪だった気が。。。でも確かにこういうレジン系にはよく会うかもしれませんし、10年前の話なのでずいぶん変わってるかもしれません。
 確か東京は神保町にGames Workshopがありましたね。行ってみようかな。
Posted by ゼントラン at 2008年03月20日 00:33
どーも。
つかっていただけましたか。彩色されたココナを見て、あの塗装面のシットリしたフラット感はもしや、と思いましたが… ああ、オレが先にココナをシタデルで塗るツモリでしたのに!
水性塗料というと乾燥を早めるためにアルコール系の溶剤を使ったりすることもあるようですが、コレとの相性ってどうなんでしょうね。筆のお手入れや道具を洗う際にもたいてい水、たまーにツールクリーナーでしゃばしゃばしてあげると塗料が固まって落ちてくれるようです。…なんつって、オレもそんなに詳しいわけじゃないんですが、頼れる装備の一つであるには違いないと思いますので、ふがさんの戦力になればまさに本望です。
オレも負けずにココナ、やりますよ。。。
Posted by とまそん at 2008年03月20日 02:34
ビンテージさん>
 メタルフィギュアで正解のようです。
あまり詳しくないのですがウォーハンマーとかのメーカーで、
このカラーもそれ専用に近いみたいですね。
ガンプラとガンダムカラーの関係みたいなもんらしいですw

ゼントランさん>
たしかに食いつきはラッカー系にくらべれば劣るようで
可動部とかには向かないみたいです。
今度メタルフィギュア同様、プライマーとか塗ってからやってみようと思います。

とまそんさん>
遅まきながらやってみましたよ〜
おもしろいです!ありがとうございました〜。
今度そのアルコール溶剤も試してみたいと思います。
ココナ も がんばってーw
Posted by ふがe at 2008年03月21日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90096538

この記事へのトラックバック

シタデルカラー その1
Excerpt: シタデルカラー その1
Weblog: ちぇりーのホビー倉庫
Tracked: 2009-06-24 15:11