2016年07月31日

【 磯波・深雪・綾波・敷波のつくり方 @】準備編 (改訂版)

お疲れ様です。
ワンフェス2016夏、当卓にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました。
お買い上げいただいた皆様方には感謝の極みであります。ありがとうございます!

26日にお礼も含め、この「@ 準備編」の記事を書いたんですが、こちらの不手際によりAで上書きしてしまいましたので、改めて改訂版としてUPしますので宜しくお願いします。少々記憶が曖昧なので、そのとき書いた内容と若干違いますがその辺はどうかご容赦を。なにしろWF直後でしたから(笑

DSC_1203.jpg


ではさっそく

○追加購入をお願いするパーツ類

・HOBBYBASE イエローサブマリンさんの <<関節技>> 球体ジョイントスリム の、白・黒・ライトフレッシュ各1枚ずつ (ただし折れやすいので注意が必要です。オビツさんのオビ玉でもよいですがヒジなど関節が太くなります。一番いいのはFigmaの関節だと思うんですが、それだけでは売ってないので、中古ショップ等で適当な安いfigmaを買ってきて関節だけ流用するという手もありますが )

・コトブキヤさんの M.S.G 《プラユニット》 P-130 フック 1枚

・幅3mm、厚さ1mm程度(薄い方がいい)の革ひも (D.I.Y.ショップや手芸店などアクセサリー自作のコーナーにあると思います。2〜300円程度)



○集めていただきたい工具・材料類

・粘度の高い瞬間接着剤(ガイアノーツさんの瞬間クリアパテ瞬間カラーパテがオススメ)
・瞬間接着剤を速く硬化させるスプレー
ヤスリスティック や スポンジヤスリ(荒削りの200番台と400番)スポンジヤスリは薄い方が使い勝手がよいです。
・眼の塗装に、極細の面相筆&アクリル絵の具 : 白・黒・茶
・塗装をがんばるなら塗料(アクリル塗料がオススメ) : 軍艦色(2)・つや消し黒・艦底色
   +あればマスキングテープ
・できれば模型用の細い綿棒
・普通の爪楊枝 
・小さくていいので金属製で厚さの薄い板ヤスリ
・微細気泡埋めのために、粘度の低い瞬間接着剤
・よく切れるカッター(刃は頻繁に折るなり交換するなりして常に切れ味よくしておきましょう) 
・ニッパー 
・3.0mmおよび 2.0mmのドリル刃

   (100均で揃うものも多いのでそれでも結構です。)

・関節ジョイントがスポスポ抜けるなら文房具屋でピットマルチ2を買ってきて、軸穴に塗って「乾かしてから」差し込むと改善するかもしれません。(軸側に薄く瞬着を塗るという手もありますがキツくなりすぎると軸が折れます)

さらにトップコート等ツヤ消しスプレーがあると仕上がりがガラッと変わってカッコいいので必須ではないですが超オススメです。
あと頬紅用に「ピンクのパステル」があるとかわいくなります

後から思いついたものがあればまた追記します。

では メゲない心 と 愛 と 注意力 とを欠かさずに頑張ってくださいッ

 なにか不明な点があれば、こちらのコメントでもTwitterでも構いませんのでなんなりとどうぞ!

posted by フガe at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 艦これ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 磯波・深雪・綾波・敷波のつくり方B 】【磯波・深雪 艤装編】

磯波と深雪の艤装組み立て編です。行きます!

P4039674

抜きの都合で各所に余計なバリが付いていたり、気泡による欠けがありますので整形してください。

 

まずランドセルからいきます。

ハンズ等、D.I.Y.の店や自作アクセサリーの部品を売ってる手芸店等で、厚さ1mm、幅3mm程度の「革ひも」を買ってきてください。できれば厚みは薄い方がよいです。もちろんこれがベルトになります。

g3

最初に三脚状の前ショウに肩ベルトを取り付けます。

g6

ベルトをここに引っ掛ける形で、折り返したベルトの内側同士を瞬間接着剤で接着します。

 

模型店で買ってきた ↓ このフックのここ(黄色い四角の所)を使い、

g4

ベルトの反対の端でそのフックを織り込む形で同様に接着。

g5

 

g7

ベルトの長さはこれくらいを目安に現物合わせで。ぴったりより長めのほうがよいです。特に磯波はおさげが引っかかるので。

g8

左右両方作ります。

g9

次にランドセル本体を作ります。塗装するなら先にしておいてください。ちなみに今回、本体基本色は軍艦色(2)、赤いところは艦底色、黒いところはつや消し黒で塗ってます。ワタシはシンナーで薄めるラッカー系を使ってますがとても臭いので、水で薄める水性アクリル系をオススメしておきます。

g13

組む前にまずこのパーツに加工します。黄色い矢印の箇所に2mmドリルで両側から深さ1mm程度の穴(凹み)を作り、ピンクの矢印の箇所(3箇所)に3mmドリルで深さ2〜3mm程度の穴を作ります

g10

穴を開けたら組み立てます。

g11g12

 

g14

三脚マストの支柱を3mmの3つのそれぞれの穴に差し込む形で接着します。

g15

ランドセルの肩ひものようになるよう、ベルトの先のフックを先ほどの2mm穴にはめ込みます。(接着してもOK)

g16

g17

背負わせる時は首と肩を 「やさしく引き抜きます」

 

ランドセルは以上です。続いてフトモモの魚雷&ベルトにいきますです。

g2

この魚雷基部とフトモモをつなぐベルトですが、こちらも先ほどのランドセル同様、革ベルトを使います。
(この写真では黒い熱収縮チューブを使ってますがそれについては後述)

 

まず、組み立て前にパーツを加工します。

g19

基部のパーツのこの位置に、カッターあるいはお持ちであれば目立てヤスリや目の細かいノコギリ等で溝を掘ります。やりすぎると割れますのでご注意を。

g18

革ベルトの厚みに合わせて幅1mm、深さ3mm程度の溝を 4箇所掘ります。

 

この溝にベルトをはめ込んでいきます

 

 

g26

まずベルトの一端を溝の1つに通し瞬間接着剤で固定してから

g27

ふとももにベルトをグルリと巻きつけて隣の溝に挟んで接着。

g25

g28

余分な部分をカットして もう1本のベルトも同様に処理g29

魚雷発射管をつけて出来上がり。

g30

接着剤が固まったら着脱可能です。(←個人的こだわりポイント)

しかしこの工程、特にカッターのみでの加工は難しいと思いますので、ミゾの方をクサビ型に浅めに掘り、ベルトの方を若干細めに加工して接着したほうがよいかもしれません。いづれにせよ怪我にはご注意を。カッターの刃は、こまめに変えましょう。絶対。

ちなみに↓左の磯波には、以前の案でのファイバークラフト+熱収縮チューブ製のベルトになってますがかなり特殊な方法になりますのであくまで ご参考までに(←過去記事にリンク)


g33

最後にすねに着くパーツですが、クルクル回って安定しない場合、スネの通る円の左右内壁だけに瞬間接着剤を塗ることにより、穴の形を楕円形にすれば回らなくなります。

次回に続く!!

posted by フガe at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 艦これ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テスト

ちょっとテスト 
P1019458_19.jpg
posted by フガe at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

07月30日のつぶやき








posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

07月28日のつぶやき




posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

07月27日のつぶやき




posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

07月26日のつぶやき




























posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

【 磯波・深雪・綾波・敷波のつくり方 A 】                                  【艦娘本体編】

まずは共通パーツに不足がないか確認してください。磯波・深雪は茶色のパーツが紺色になります。敷波は左手首がピースです。

P7279965

続いて頭部パーツ。 色は着いてませんのでみなさんで着彩お願いします。眼の塗り方についてはまた後ほど。P7279970

 

【組み立て】

まず胴体部から。 白い上半身パーツの下のほうから3mmドリルでまっすぐ穴を開けます(貫通しないように)

DSC_0865

DSC_12345

どの色でもいいのでこのジョイントを組んでさっきの穴に差し込みます。

DSC_12319

 

次に肌色のおなかパーツ。上と下からそれぞれ3mm穴を開けます。

DSC_12252DSC_12272

 

横から見たとき、↓ のように互い違いになるよう開けた方が望ましいですが、上下貫通しても 後述するジョイントが干渉しなければOKです。

DSC_12302

 

次にライトフレッシュのランナーのこの部分を切り出します。

P3069575h

股関節になります。

DSC_08702

さっきのおなかの下から開けた穴に差し込んで、下図の状態になるよう調整してください。

P3139645

そのランナーに この球形ジョイントを組み込んで

P3069575i

こう組みます。

DSC_1237

 

次に足です。

DSC_08732.

下図のこの部分のジョイントを使って上図のように組み込みます。

P3069575jP3069576g

 

DSC_1242

左足も同様に作って下半身合体。

DSC_1244

まずおなかパーツにパンツを穿かせてから左右のフトモモを組み込みます。

DSC_1245

その上からスカートを穿かせて白い上半身パーツを組み込みますとこんな感じ。

DSC_1246DSC_1247

 

腕に行きます。

肩・袖部分は左右の別があります。

P3139603

 

組んだら上下から互い違いになるよう3mm穴を開けます。

DSC_0866g

前腕との接続はこのジョイント

P3069575g

前腕に左右の別はありません。

DSC_1249

手首だけ、2mm穴で接続しますが、

P7279975

レジンの軸では強度がないため、両方に2mm穴を開け、

DSC_12343

ランナーのこの部分を使い接続してください。(うまくやればfigmaの手首も使えます)

 

肩と上半身の接続には、白のこのジョイントを使います。

P3069573

DSC_0867g2ッ!

ジョイントを組んだ後、片方の軸を少し切り落とし、球形パーツのふち↑ ピンクの部分も1mmほど削ります。この状態で組むとちょっと潰れた雪だるま状になりますので、

DSC_1248

コレを肩パーツに組み込みます。

P7279979

P7279980

上半身パーツ上部の球形になってるミゾに はめ込みまして

P7279981p

その上から首パーツをはめ込みます。首パーツと上半身パーツとの前後のミゾの部分で接着してください。白い雪だるまに接着剤がつかないよう注意!

P7279982p

さらにそれを覆いかぶせる形でセーラー襟パーツをはめ込みます。上半身パーツと襟パーツとの前後のダボで接着してください。

P7279983p

後は!リボンつけて肌色ジョイントの小で、首と上半身をドッキングで!完成であります!

P7279985

・・・お疲れ様でした・・・。

とにかくジョイントが思った以上に折れやすいので、キツイ時はムリしないでください。逆にゆるくてポロリがひどいときはマルチピット2を塗って、「乾かして」からはめるとちょうどよくなることがあります。しかしながらガシガシ動かして遊ぶって向きにはちょっと厳しいので、その辺はご容赦いただきたいところであります。 ・・・がんばってね〜

【 つくり方 B に続く】

posted by フガe at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 艦これ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

07月25日のつぶやき


posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

07月24日のつぶやき




























posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

07月23日のつぶやき










posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

07月22日のつぶやき








posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

07月21日のつぶやき










posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

07月20日のつぶやき




posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

07月19日のつぶやき




posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

07月18日のつぶやき






posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

07月17日のつぶやき












posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

07月15日のつぶやき




posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

07月13日のつぶやき


posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

07月12日のつぶやき






posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

2016年07月11日

07月10日のつぶやき
















posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

07月09日のつぶやき




























posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

07月06日のつぶやき






posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

07月04日のつぶやき




posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

07月03日のつぶやき




















posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

07月02日のつぶやき




posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

07月01日のつぶやき


posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする