2015年03月30日

03月29日のつぶやき


posted by フガe at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

磯波の作り方 C 【 艤装 組み立て編】

 

いきなりクイズです。

P3228927

ベルトとランドセルをつないでいるこのリング、ある物を加工して作りました。

いったい何から作っているでしょーか?

P3228942

・・・って勿体ぶるほどのことではないですが 実は結束バンドの輪切りでした。個人的には前の職場で使ってた「インシュロック」と呼んでる方が馴染み深いんですけどね。

P3228930

素材としてみれば、こんなに強くて丈夫なのにしなやかで、カッターでも加工できるし、そのうえ安くてどこのホームセンタ−でも手に入るなんてなんといいことづくめの素材なんでありましょうか。オレこれ思いついたとき、自分の中で自分と自分でハイタッチしましたよイエーイ

P3228943

キットでは一応このリングをはめた状態で販売しておりましたが、一旦外したほうが組み立てやすいと思いますのでリングの黄色い矢印の辺りを左右に引っ張って外しておいてください。こんなに細いのに意外とポッキリとは折れません。外したらなくさないように注意。なくしたらホムセンで買ってきて作りましょう。怪我に注意。でもまぁ外さなくても組み立てられますのでその辺はもぅ自分が楽だと思うお好きな方でどうぞ。

 

そしてキットには、更なる謎素材のベルトのパーツが入っていたと思いますが、これがまた面白い素材でございましてな。

P2068878

このベルトは、 「株式会社オリオン」さんの【ファイバークラフト】                                       http://k-orion.co.jp/product/processing/index.html#fibercraft  という素材を加工して作ってあります。

『木材パルプや綿を原材料として作られた素材で、紙と似ていますが破れにくく、水につけると柔らかくなり乾燥すると硬くなる性質を持っています。耐摩耗性に優れ、無公害です。水性、油性塗料での着色も可能で、カッターやハサミで手軽に切れ、接着も木工用接着剤で簡単につきます。』(リンク先より転載) ワタシは以前、ホームセンターのハンズマンで購入しました。5枚入り787円(当時)。大きさはミクロマンとfigmaを参考に。

P3228935

実はこれ、前に作った飛鳥さんに使った素材でもありまして、お札と御幣(祓い串)、そして袖がそのファイバークラフト製となってます。2625539-image0

P3228939 

表面は、いかにも粗めの紙のような風合いですが、1枚だと下も透けて見えます。その割には結構硬さがあり0.1mmプラ板に近い感じですが、曲げには強くプラ板のようには折れません。その点で言えばボール紙のような厚紙に近い感じですが乾燥状態では元の形に戻ろうとする力は結構強いです。

P2068844 実際に加工してみます。 ハサミやカッターで形を切り出したら、そのまま水にドボン。 漬ける時間はさほど長くなくても大丈夫。数10秒でよさげ。

ズ変更ウィザード-1 

やわやわとはなりませんが、ちょっとしんなりしてくるので目的の形に固定して、ドライヤーで一気に乾燥させますと・・・

変更ウィザード-2

クリップ外しても形がキープされるのです スゲェ! 乾燥すればそのまま塗装できますしその後変形させてもはがれにくいです。今回のキットには、ベルトパーツとして肩掛け用の大まかに ↑ こんな形をつけたのが2枚(上の写真では左側が下の基部側、右が上の支柱側に当たります)と、連装砲用の長いのが1枚、そして予備の意味で形をつけてないものを数枚オマケとして付けてるはずです。

で、まず肩用のベルトの下側(↑の写真のパーツ左側)に、先ほどのリングパーツを取り付けるワケですが、ベルトにブラウンを吹いた後、 リングの切れ目の入ってない側に通して・・・

 P2068850

ベルトの折り返し部分のみに瞬間接着剤を着けて止めます。( ↓ ちょうどクリップで挟んでる辺り) リング自体には接着剤をつけずに可動するようにしておきます。

P2068852

そしてベルト上側をマスト状パーツの横支柱に、同じく折り返し部分だけで接着します。

 DSC_0142

裏から見るとこんなカンジ。この部分も可動させるようにするため、接着剤のつけすぎにはご注意を。 P2068826  

  DSC_0144

横から見るとこんな感じです。後ろの2本の支柱が煙突をまたいで立つようなイメージで。DSC_0146

そしたらリングをランドセル基部に取り付けます。リングをねじって、外すときと反対に切れ目の半分をまず穴にいれ、もう片方を広げる感じで開いて片側の穴に入れ込みます。P2068857

こんな感じ

DSC_0148

あとはイカリやダクト状のパーツ等をそれぞれ写真を参考に取り付けてください。  DSC_0153

 P3228950DSC_0156

P3228955

資料の少ない中から、あくまで個人的解釈でのイメージで作っていますので、お詳しい諸兄には色々違和を感じる点があるかもしれませんが、そこはそれ、ウチの磯波ちゃんはこんな感じですよってなことでご自分の解釈で改造していってもらえればと思います。

以上、煙突ランドセルの組み立て方でした。

さぁ!次回!いよいよ完成です!磯波の作り方D 【完結編】 ! もうちょっとだけ続くんじゃよ

posted by フガe at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

03月28日のつぶやき


posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

03月20日のつぶやき






posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

磯波の作り方 B 【 他 塗装編 】

2P3198912

まとめてですいませんが顔以外のパーツの塗装についてです。

・・・もうとにかくマスキングがんばって塗り分けてくださいとしか申せませんのでがんばってください。

あえて市販のスプレーをメインに使って行きます。

P3198920

顔同様、まず全体に白のサーフェーサーを吹きます。セーラー服の白の部分はそのサーフェーサーの色をそのまま生かすと1色省けて楽です。エアブラシがあればシワや影になるところに白+ちょっぴりの水色と灰色を混ぜた色を細吹きするといいカンジになります。紺の部分はタミヤさんのAS-8 ネービーブルー、太もものベルトは同じくTS-90つや消し茶色(陸上自衛隊)、 ソックスの黒はクレオスさんのMr.カラー33 つや消しブラックを吹いてます。 襟や袖の白いラインは、黒・紺を吹く前にマスキングテープを貼っておくことで仕上げた方が後が断然楽なのでそちらをオススメです。ちなみに襟・袖のラインは1mm幅、ソックスのラインは0.4mm幅のマスキングテープを使ってます。胸のリボンは青竹色を筆塗り。肌色部分は顔と同様です。

P3188900

艤装部分はまずオキサイドレッドのサーフェーサーを吹いてます。靴の底や煙突ランドセルの下部分はこの色を生かせば白サフ同様1色塗る手間が省けます。便利!

P3198919

靴底が平面なのが左足、つま先に角度がついてるのが右足になります。アキレス腱の辺りに突起があるのですが付け忘れてますので真鍮線やプラ材などで追加してください。申し訳ないデス・・・

P3198926

特にこだわらなければ好みの軍艦グレーを吹いてください。ちなみに磯波ちゃんは浦賀生まれです。

おろしたてピカピカ☆ってのより実戦投入しまくってガジャガジャになってる方がかっこいいと思うのでスミ入れなどで適度に使い込んだ雰囲気を出してください。正直、表面仕上げがあらましな事の言い訳なんですけどね・・・スイマセン・・・

 

さぁ!次はようやく組み立て編です!もうちょいです!もうちょい!

posted by フガe at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

03月19日のつぶやき




posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

03月18日のつぶやき


posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

03月16日のつぶやき


posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

03月14日のつぶやき








posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

03月10日のつぶやき


posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

03月08日のつぶやき


posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

03月07日のつぶやき






















posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

03月04日のつぶやき








posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

磯波の作り方 A 【 顔塗装編 】

ちょっと時間あいちゃってすいません。

まず磯波本体からはじめたいと思います。(やってることはいつものと変わりないですがw)

まず全体に、白色のサーフェーサー(仕上げ用)を吹いておきます。気になる変形や気泡があれば、その都度修正していってください。

 

肌色部分には 111:キャラクターフレッシュ(1)を吹いて、乾いたらそれにちょっと赤みを足した色をシャドーとして吹きます。顔なら眼の周りやアゴの下・顔側面あたりにエアブラシでグラデーションとして吹きます。

 DSC_0047

瞳の塗装にはリキテックスやアクリラなどのアクリル絵の具を水で溶いて使いますが、個人的にはこの「シタデルカラー」という海外メーカーの塗料がとても使いやすいのでこれを使ってます。隠ぺい力が強い上にノビがいいので、こういった塗装をするのにすごく楽なのでオススメです。薄めるのは水でもできますが、アクリル絵の具用のグラデーションメディウムが便利。

筆はどこでも売ってるタミヤさんの極細面相筆600円。パーツをそのまま手で持って塗るとプルプル震えてブレるのでスプレー缶等に置いて塗ります。顔パーツには一応ガイドの意味で瞳の形をつけてますが邪魔に感じたら削り落としてから塗ってください。

DSC_0052

まず焦げ茶色で眼の輪郭線

 DSC_0056

DSC_0049 DSC_0050

失敗しても(左)あわてず騒がず すぐ細い綿棒(タミヤ製)に水を含ませて、失敗した塗料を水に浮かせて、反対側で吸い取るってカンジで修正していけますんで、とにかくトラーイ&りとらーいDSC_0057

輪郭が決まったら中間セーブの意味でトップコートを吹きます。ここでは「光沢」で。

 DSC_0060 DSC_0059

左の親指をパレットにして筆先を整えながら虹彩や白目の部分を塗っていきます。

  DSC_0063

瞳ができたら、パステルを目の細かい耐水ペーパーで粉末状にしたものを丸い綿棒でこすりつけて 頬紅に。やりすぎるとケバくなるので程ほどに。

DSC_0064 DSC_0069

気に入ったのができたら今度はツヤ消しのトップコートを吹きます。

DSC_0071 DSC_0072 DSC_0073

このままでもいいんですけど、個人的には瞳を輝かせたいので HIQ PARTSさんの瞳用ジェルクリアでおめめキラキラに。塗り過ぎると目玉が飛び出てみえるので盛り過ぎ注意。ワタシは先細綿棒で描くようなカンジで塗ってます。

DSC_0074 DSC_0075

DSC_0078

DSC_0079

髪の毛にはバンダイのガンダムカラースプレ ー08:フ ァントムグレー(ザクの足底色)を吹いたあと、33:つや消しブラックでグラデ

DSC_0093

DSC_0084

顔 完成!!!    

【ボディ塗装編】に続きます。

posted by フガe at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ミクロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

02月28日のつぶやき






posted by フガe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セケン話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする